釣り場の特徴や移動の仕方|初心者から玄人までOK!釣れるヘラブナ釣り講座

気軽にヘラブナ釣りを始めたい初心者から深い魅力にハマっている中・上級者まであの巨匠、田中武が驚くほど釣れるようになるテクニックを全て伝授します。

釣り場の特徴や移動の仕方

ヘラブナ釣りのフィールドは、おおまかに分けて、釣り堀・管理釣り場・野釣り・山上湖があります。

特にヘラブナ釣りを体験してみたい、という初心者には、道具一式をレンタルで提供している釣り堀がお勧めです。

ですが、一歩前に進むには、やはり管理釣り場がいいでしょう。

釣り堀よりも規模が大きく、開放感を味わえます。
水深も深いため、釣り堀では試せないようなテクニックを使うことができます。

そして、管理釣り場でテクニックを磨いた後は、ぜひ野釣りにも挑戦して頂きたいと思います。

ヘラブナは現在では北海道から沖縄まで、日本全国に生息する身近な魚です。

お住まいの地域で綺麗な釣り場が見つかれば、週末ごとに釣りに通うのが楽しくなるに違いありません。

もちろん野釣りではきちんとした釣り座はありませんので、ポイントの選定から釣り座のセッティングまで自分で判断の上、釣りをする必要があります。

「ヘラブナはどこに集まっているのか、どのポイントを選ぶべきなのか」

ここであなたは、私のノウハウを使い、最高のポイントを選定することができるでしょう。

特にこのポイントの選定はヘラブナの習性を熟知していなければ、割り出すことはできません。

そして釣れるかどうか、の最も重要な部分でもあります。

沼や池は一般に、湖よりも水深が浅く、酸素の供給が高いため、ヘラブナの活性も良くなります。

そして山上湖では、本当に贅沢な釣りを味わうことができます。

人工的に造られたダム湖や自然湖は、周囲が豊かな自然に囲まれている場合が多いので、ボートに乗ってさわやかな風に吹かれながら、自然を愛でつつ釣りを楽しめるでしょう。

湖には巨ベラが潜んでいることも多く、ダイナミックな釣りができます。

釣り場にはそれぞれクセがあり、釣り場の大きさや水深、水質と水温、といった特徴を正確につかみ、ヘラブナの状態を推測する必要があります。

季節と時間帯により魚の動きは変化しますが、一度そのクセをつかめば、あなたはその釣り場の「主」になれるかもしれません。

そして中・上級者でも意外と悩んでいるのが、場所の移動のタイミングです。

ポイントを選定し、釣り座を作って竿を何度も振っても、アタリの悪いときというのはあります。

あなたがもし、同じ釣り場に何度も通い、そこのポイントが実績のあるポイントであれば、ヘラブナが中層ではなく、底の方に移動しているということも考えられます。

竿の長さを変えてみたり、ウキを変えてみたりすることで、急に魚の活性が良くなることもあるので、焦って移動するのは禁物です。

講座ではもちろん、アタリがでない場合に移動した方がいいのかどうか、見極める方法をお伝えしていますので、「今、移動した方がいいのだろうか…」と迷うことはなくなるはずです。

田中武のヘラブナ釣り講座の詳細はコチラ

インデックス

ヘラブナ入門講座

ヘラブナを知る

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加