キャッチ&リリースとマナー|初心者から玄人までOK!釣れるヘラブナ釣り講座

気軽にヘラブナ釣りを始めたい初心者から深い魅力にハマっている中・上級者まであの巨匠、田中武が驚くほど釣れるようになるテクニックを全て伝授します。

キャッチ&リリースとマナー

ヘラブナの取り込みには、いくつか気をつける点があります。

ヘラブナ釣り用の竿は細いので、取り込みの姿勢を間違えると、竿が折れてしまう可能性もあります。

力任せに引き寄せても、ハリスを切られてしまうだけです。

ヘラブナの引きはとても強いので、初心者はびっくりされるかもしれませんが、次第に慣れてくればその引きの強さが、釣りの醍醐味に感じられてくることでしょう。

そして、リリースするのですから、できるだけ魚を傷つけないように取り込む余裕も必要です。

玉網で乱暴に追い立てると、ヘラブナは臆病ですから余計に暴れてウロコを駄目にしてしまうことがあります。

また、ヘラブナを大切にしたい気持ちを持つ人は、魚の表面を保護しているぬめりが取れてしまわないように、フラシに保存せず、玉網から直接リリースすることも多いようです。

ただ、ヘラブナ狙いとはいえ、釣り場には他の種類の魚も生息していますから、たまにウグイやマブナがかかることもあります。

こうした狙いとは違う魚をジャミ(雑魚)として嫌う釣り人もいるようですが、ヘラブナと同じように優しく水中に返してあげる優しさも、またマナーです。

釣り人のエチケットについて、特に野釣りでは近隣の住民の迷惑になることは避けて下さい。

そして当然のことですが、釣り場にゴミを残していくことは厳禁です。

その他、釣り場でのマナーについて、きちんと解説していますので、ご覧頂ければ幸いです。

田中武のヘラブナ釣り講座の詳細はコチラ

インデックス

ヘラブナ入門講座

ヘラブナを知る

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加