ヘラブナを知る(食材)|初心者から玄人までOK!釣れるヘラブナ釣り講座

気軽にヘラブナ釣りを始めたい初心者から深い魅力にハマっている中・上級者まであの巨匠、田中武が驚くほど釣れるようになるテクニックを全て伝授します。

ヘラブナを知る(食材)

フリー百科事典ウィキペディア『ゲンゴロウブナ』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%8A

琵琶湖原産のニゴロブナが、外来種であるブラックバスやブルーギルの台頭といった生態系の変化や開発による環境の悪化により個体数が減少し、最近では琵琶湖の固有種となったため最近ではニゴロブナの代わりに鮒寿司の材料に使われる。

しかしながら、もっぱら食味は悪いと言われていて、淡水漁業が盛んな地域の周辺住民以外、釣り上げたヘラブナを食べることはほとんどない。

ヘラブナ釣りは、日本にキャッチ・アンド・リリースの概念が入ってくる以前から、食べることを目的としない釣りである。

フナの食文化

フナはアジア地域においてしばしば食用とされる。

例えば、日本においては滋賀県の「鮒寿司」や愛知県・岐阜県・三重県の「鮒味噌」、岡山県の「鮒飯」、佐賀県の「鮒の昆布巻き」などのフナの料理が知られている。

かつては身近で重要な蛋白源としてよく食べられていたが、近年では、淡水魚独特の泥臭さが敬遠されたり、フナそのものが水環境の悪化によって減少したりしているため、食べる機会は減っている。

調理方法は、塩焼きや煮付け、てんぷら、甘露煮、刺身、洗いなどがあるほか、小さいフナを竹串でさし、タレをつけて焼くすずめ焼きなどもある。

また、小鮒を素焼き(白焼き)にしてから煮るとよいダシが出るという。香川県では、酢漬けにしたフナの切り身を野菜と酢味噌で和えた「てっぱい」という料理もある。

有棘顎口虫 (Gnathostoma spinigerum) の中間宿主となるため、生食はすべきではない。

田中武のヘラブナ釣り講座の詳細はコチラ

インデックス

ヘラブナ入門講座

ヘラブナを知る

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加