よくあるご質問|初心者から玄人までOK!釣れるヘラブナ釣り講座

気軽にヘラブナ釣りを始めたい初心者から深い魅力にハマっている中・上級者まであの巨匠、田中武が驚くほど釣れるようになるテクニックを全て伝授します。

よくあるご質問

Q.ヘラブナ釣りはすごく難しい印象があるのですが、私のような初心者や子供でも釣れるのでしょうか?

はい、大丈夫です。ヘラブナ釣りは、しっかりとしたテクニックを覚えれば初心者でも、また子供さんでも楽しめます。初心者の方であれば、野釣りに出かける前に、まず釣り堀と管理釣り場から始められるのもいいかもしれません。

慣れてきてテクニックが身に付いて来たと感じられたら、野釣りに出かけてみて下さい。
ただ、子供さんは目を離すと水辺は危険ですので、よく注意して下さい。



Q.ヘラブナ釣りは基本的にキャッチ&リリースの釣り、ということなんですが、ヘラブナは食べられないのですか?

ヘラブナは食べようと思えば、もちろん食べられますが、泥臭い上に小骨が多く、食用にあまり向いているとは言えません。

また、ヘラブナ自体がプランクトンを主食とするため、エサに直接食いつくことがなく、アワセないと釣れない魚であることから、昔からゲームフィッシングの魚としてアタリを楽しむだけの魚である、という認識が高いようです。

食用として釣るのではないだけに、却って魚や自然に対する労りや尊敬の念を抱かせてくれるのがヘラブナ釣りのいいところです。



Q.ヘラブナ釣りの大会やトーナメントはどうやって参加するのでしょうか?

地元のヘラブナ釣り会やNPOの主催するトーナメントが一般的です。

もっと気軽に楽しみたいのであれば、ヘラブナ釣り専門の釣り堀で定期的にちょっとした競技会を行っていることがありますので、問い合わせてみるといいでしょう。



Q.ヘラブナ釣りの話を聞いていると、「乗っ込み」とか「カケアガリ」とか専門用語が多そうで、覚えられるかどうか不安なんですが…

「乗っ込み」というのは、ヘラブナが産卵のために大挙して浅瀬に乗り込んでくることですね。「カケアガリ」は、単に斜面のことです。講座では専門用語には注釈を加えるか、またはわかりやすく言い換えていますので、専門用語をご存知ではなくとも問題ありません。



Q.リズム感が悪いし、ぶきっちょなんですが、エサ打ちとか、こんな自分でもちゃんとできるようになれるのでしょうか?

ヘラブナ釣りは「リズムが大事」とは言われていますが、特にリズム感とは関係ありません。
エサ打ちのテクニックについても映像でご覧頂いて、同じ姿勢を取れれば、初心者の方でもうまくできるようになります。



Q.ヘラブナ釣りは安全でしょうか?

釣り堀や管理釣り場であれば、安全に配慮した作りになっていますので、危険は低いと思います。
ですが、野釣りに出かけられる際は、事前にフィールドの下見や情報収集を行っておくことをオススメします。

水辺は滑りやすい場所が多く、釣りに夢中になって足を滑らせることも考えられるので注意が必要です。
ボートで釣りをする場合には救命具を身につけるなど、安全に対する配慮をしっかりとして下さい。
また、強風の日は竿掛けが倒れやすくなるので気をつけましょう。



Q.ヘラ竿の一尺とか三尺という単位がよく分からないのですが…

ヘラブナ釣りでは昔の名残で、竿の長さを「何尺」という呼び方で単位をはかります。
一尺は約30cmのことで、一本は三尺(約90cm)となります。
ヘラブナを釣るタナの水深をはかる際にも「ウキ下一本」という表現をしますが、約90cmの水深、という意味になります。



Q.ヘラブナ釣りには「宙釣り」とか「底釣り」みたいに釣り方を変えるみたいですが、どうしてですか?

簡単に言うと、エサが付いた針を底につけないのが宙釣りで、底につけるのが底釣りです。
フィールドやヘラブナの活性に合わせた釣り方を選択することも一つのテクニックとなっています。
初心者には安定した釣果を得られる底釣りが基本ですが、通信講座では状況に合わせた釣り方を学べます。



Q.釣り具は新しく揃えないとだめですか? お金は大分かかりますか?

釣り堀に行かれるのであれば、レンタルで道具一式を貸し出しているところもあります。
ですが、野釣りではご自身で道具を揃える必要があります。
通信講座では、ヘラブナ釣りに必要な必要最低限の道具をご紹介しておりますので、無駄なく道具を揃えられます。最初は必要最低限の道具だけを揃えて、慣れてきたら少しずつお金をかけるといいと思います。


Q.女性でもヘラブナ釣りはできるのでしょうか?

大丈夫です。
ヘラブナは引きの強い魚なので、最初は驚かれるかもしれませんが、取り込みは基本的に力があればいいというものではありません。腕の力が弱い女性の方でも、しっかりとしたテクニックがあれば大助(大きなヘラブナ)を釣り上げられます。



Q.ヘラブナ釣りには、何かマナーとか注意することはありますか?

野釣りを行うときは、近隣の住民の方の敷地や田畑を通らなければならない時もありますので、住民の方が不快を感じないような配慮が必要です。また、早朝から釣りを行うときには、大きな声を出したり騒いだりすると近所迷惑となることもありますので、注意が必要です。



Q.主に初心者にわかりやすい内容の講座ということですが、中・上級者にはあまり役に立たない内容なんでしょうか?

本講座はヘラブナ釣りの初心者でも、基礎的なヘラブナ釣りの技術をひととおり覚えてノウハウを活用できるように構成されております。

ですが、ヘラブナ釣りは「エサの釣り」と言われるほど、エサの調合が釣果をあげられるかどうかのキモになっています。

田中名人の55年に渡る経験から考え出した独自のエサの調合は、中・上級者にとっても、喉から手が出るくらいの貴重な情報です。

ほか、季節ごとの釣り方はどのレベルの方でも押さえておくべき内容です。
講座を受講されることで、さらなるレベルアップが図れるでしょう。

田中武のヘラブナ釣り講座の詳細はコチラ

インデックス

ヘラブナ入門講座

ヘラブナを知る

当サイトについて

リンク集

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加